翻訳会社の仕事は?

翻訳会社の仕事は、実は多岐にわたるものです。 それはもちろん、その翻訳会社によってかわってきます。ただ翻訳を請け負うだけの会社もあれば、受注から納品までを行う会社もあり、社内では翻訳業務は行わず、外部発注を行い、トータルのコーディネートのみを行っている会社もあります。(私が働いている翻訳会社では、受注 → 外部発注 → 社内チェック → 納品という流れです)
大規模なメディア会社などの中に、翻訳の部門があるような場合もあります。

翻訳会社の仕事は、まずは翻訳の案件を受注してくるところから始まります。この依頼をとってくる営業の仕事の人がいます。また、働いている人の管理をする総務や、給与や予算などあらゆる金銭の計算や管理を行う経理、会社の宣伝や情報管理を行う広報など、必要に応じて間接的な役割の人物も存在しています。

翻訳会社は、業界全体をみても、比較的小規模な会社が多いです。そのため、管理業務のみを行い、翻訳自体はフリーランスの翻訳者に発注しているところも少なくありません。案件によって派遣社員をとり、期間限定で翻訳を依頼している場合もあります。全体のチェックやネイティブチェックなどは、外部に発注する場合もあれば、確認業務だけは社内で行うという翻訳会社も珍しくありません。
また、扱う案件の専門分野によって、新しい方向に戦略を練っていく必要もあります。これらをトータルでプロデュースするコーディネーターも、翻訳会社になくてはならない重要な役割です。

当サイトでは、翻訳会社がどんなことをしているのか紹介します。